5月 25

一般的に、しみやそばかすに良いといわれているサプリといえば、LシステインやビタミンCです。
薬局にはLシステインやビタミンC錠といった、様々なしみサプリが種類豊富に並んでいます。
Lシステインはアミノ酸の一種で、働きとして大きく知られているのは、しみやそばかすの緩和です。
他にも肝臓の解毒作用、肌の代謝促進(ターンオーバー)、メラニンの排出を促す、メラニンの合成を抑える、二日酔い改善、髪や爪を丈夫にするなどといった効能もあります。
しかしその一方で、少し注意しておかないといけない点もあります。
Lシステインの副作用として、白髪の発生、活性酸素の増加などが挙げられます。
白髪については、はっきりとした因果関係はまだわかっていないのですが、メラニンの抑制を抑える働きがある為、皮膚の色素と同じく、毛髪の色素も薄くなるのではないかといわれています。
予防策として、ビオチンのサプリを同時に摂取してみるといいかもしれません。
活性酸素の増加については、ビタミンCを同時に摂取するのが効果的です。
ビタミンCには活性酸素を抑える働きがあります。その上、Lシステインと同じく、しみサプリの代表ともいえるので、同時に摂ることで
美肌、美白効果も更に期待できます。
どちらの副作用も、一日に決められた摂取量を守っていればそこまで心配する必要はありません。
様々な種類のしみサプリがありますが、摂取したからと言ってすぐに効果が表れるわけではありません。自分に合ったものを見つけ、継続していくことが大切です。

« Previous Entries